掲載日: 文章:Clipee運営局

【センバツ 速報】9回表に履正社打線爆発で一挙7得点!東西横綱対決は履正社が勝利

3月19日、阪神甲子園球場で開催されている第89回選抜高等学校野球大会の第一日目第二試合は「日大三対履正社」の試合は、履正社が最終回に一挙7点を奪う猛攻で日大三を下し2回戦に進出した。

試合は1回裏、日大三打線が履正社の先発竹田を攻め2点を先制した。
日大三リードで迎えた3回表、履正社はヒットで出たランナーを9番西山がレフトへのタイムリーを放ち1点を返した。
さらに履正社は5回にも一死二三塁のチャンスに1番石田が左中間スタンドへ運ぶ逆転3ランホームランを放ち4−2と試合をひっくり返した。

7回にも履正社に1点を奪われた日大三はその裏、1番井上、2番大西とヒットで続き、3番櫻井がライト線上を破るタイムリー2ベースを放ち2点差に詰め寄ると、さらに8回には、一死二塁のチャンスで9番津原が右中間を破るタイムリー2ベースで同点に追いついた。

同点に追いつかれた履正社は、9回表に驚異の集中打をみせた。
二死二塁のチャンスから、2番溝辺、3番安田、4番若林とタイムリーヒットを続け、この回打者12人6安打7得点とここ一番の集中力をみせ12−5と再び大きくリードした。

なんとか反撃に出たい日大三は、9回裏先頭の3番櫻井がヒットで出塁し、一死一二塁のチャンスを作るも得点を奪うことはできず履正社が勝利した。

【センバツ高校野球】日大三(東京)対履正社(大阪)の試合速報(スタメン情報)はこちら

【センバツ 速報】日大三が遂に履正社を捉える! 津原が同点タイムリー

こちらの記事も読まれています

新着記事