掲載日: 文章:Clipee運営局

【WBC 速報】アメリカがドミニカを下し準決勝進出 ドミニカは連覇の夢が消える

3月19日(日本時間)にアメリカのペトコ・パークで開催される第4回ワールドベースボールクラシックの2次ラウンド「アメリカ対ドミニカ」の一戦は、アメリカが逆転劇でドミニカを下し決勝ラウンド進出を決めた。

試合はドミニカ主導で開始した。
ドミニカは1回裏、一死一塁からカノのタイムリー2ベースとサンタナのタイムリーで2点を先制した。
追いつきたいアメリカは、3回表、2本のヒットでチャンスを作り、キンズラーの内野ゴロの間に1点を奪い、さらにイエリチのタイムリー2ベースで同点とした。
4回にもアメリカは、この大会ここまで不調だったスタントンが左中間へ勝ち越しとなる2ランホームランを放ち4−2と試合をひっくり返した。

アメリカ投手陣を攻略できないドミニカ打線は7回裏、一死から3番カノのレフトスタンドへのソロホームランで1点を返し1点差とつめよるも、8回表にアメリカ打線が再び襲いかかる。
アメリカは四球と死球で出たランナーをマカチャンのタイムリー2ベースで2点を奪い3点差とした。

なんとか追いつこうと必死なドミニカだが9回からマウンドに上がったアメリカのグレガーソンを攻略することができず試合終了。
アメリカがドミニカを6−3で破り、準決勝進出を決定した。

アメリカは22日(日本時間)にプールE1位突破の侍ジャパンと対戦することになっている。

【WBC】アメリカ対ドミニカの試合速報はこちら

【WBC 速報】アメリカがマカチャンのタイムリーで2点を追加しドミニカを突き放す

キーワード

新着記事