巨人・吉川光夫は6回4失点!結果残せず/OP戦

  • 掲載日:
  • 文章:Clipee運営局

19日、巨人はメットライフドームで西武とオープン戦を行った。

巨人の先発はトレードで日本ハムから移籍してきた吉川光夫。初回は安打で走者を出したものの得点は許さずまずまずの立ち上がりを見せたものの、2回先頭のメヒアに一発を浴びて失点。
3回・4回は無失点に抑え、5回は安打と四球で2死一、二塁のピンチを招くも浅村栄斗を内野フライに仕留めなんとか無失点に抑えた。
しかし、6回に2死一塁から三連続適時打を浴び3失点と満足のいく結果を残すことは出来なかった。

結局吉川は6回4失点、被安打9、与四球2、奪三振1(101球)の内容で、試合は西武に2-6で敗れている。

FAで加入した山口俊も一軍にはおらず新戦力が機能しない巨人。
これでオープン戦3連敗と開幕までに立て直すことができるだろうか。
高橋由伸監督の巻き返しに期待したい。

こちらの記事に関連するタグ

Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

セ・リーグに関する記事

お勧め記事

新着記事