3月20日(日本時間)にアリゾナ州グレンデールで開催される侍ジャパン対ロサンゼルス・ドジャースの練習試合。

22日(日本時間)に準決勝で対戦するアメリカとの前哨戦として重要なこの試合、ドジャースは先発をオークスとメジャー経験のない投手を選んできた。
いわゆる動く球を投げるメジャーで活躍する投手との対戦は本番までお預け状態となった。
ドジャースも次戦が日本対アメリカとなってのことでの(アメリカ側への)配慮もあるのだろう。

そんな注目の試合は、侍ジャパンの武田翔太が好投。3回にはヒット2本と四球で満塁のピンチを招くも、A.ゴンザレスを落ち着いて打ち取りピンチを凌いだ。
先制点を奪いたい侍ジャパンは、筒香が2ベースを放つも先制点を未だ奪えずにいる。

【WBC】侍ジャパン対ドジャースの試合速報はこちら

こちらの記事に関連するタグ

Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

に関する記事

お勧め記事

新着記事