掲載日: 文章:Clipee運営局

【センバツ】猛打の盛岡大付が延長10回サヨナラ逆転勝ち

3月20日に阪神甲子園球場で開催されている第89回選抜高等学校野球大会の第二日目第一試合は「高岡商対盛岡大付」の対戦となった。
初回からノーガードでの打ち合いになった試合は延長10回に盛岡大付がサヨナラ逆転勝ちをした。

この試合先制したのは高岡商だった。高岡商は1回表に4番筏のレフトスタンドへ運ぶ2ランホームランで2点を先制したが、その裏に盛岡大付に二死から3連打を浴び同点に追いつかれた。
盛岡大付は2回に9番松田がレフトスタンドへ運ぶソロホームランで1点を勝ち越すも、すぐさま高岡商に同点にされてしまう。
その後も4回に高岡商が3点を奪い突き放すと盛岡大付が3点を返し、5回に盛岡大付が2点を追加し勝ち越すと、6回に高岡商が2点を奪い同点に戻すといった両校一歩も譲らないシーソーゲームが続いた。

互いに8点ずつを奪い同点で迎えた9回も両校譲らず試合は延長戦へ突入した。

延長10回表の高岡商は二死二塁のチャンスで1番の中村昂の勝ち越しとなるライト前へのタイムリーを放ち1点を勝ち越した。
後がない盛岡大付は先頭の9番松田が四球で出塁すると、1番植田がサード強襲となるヒットを放ち無死二三塁の一打サヨナラのチャンスに、2番林がセンター前への逆転サヨナラタイムリーを放ち、2点を奪った盛岡大付が勝利した。

【センバツ高校野球】高岡商(富山)対盛岡大付(岩手)の試合速報(スタメン情報)はこちら

【センバツ高校野球】報徳学園 対 多治見

新着記事