掲載日: 文章:Clipee運営局

【センバツ】報徳学園が序盤で大量10点を奪い多治見にリード

3月20日に開催されている第89回選抜高等学校野球大会の「報徳学園 対 多治見」の一戦。

この試合、伝統校である報徳学園の猛攻が止まらない。
報徳学園は、1回に2番の永山がヒットで出塁すると3番片岡のタイムリーなどで2点を奪う。
さらに3回には、先頭の永山のヒットから始まり、6番池上から9番の西垣を除き5人連続のタイムリーヒットを放ち、この回打者一巡の大量8点を奪っい10-0と大きくリードを広げている。

【センバツ 甲子園】報徳学園(兵庫)対多治見(岐阜)の試合速報はこちら

【センバツ】猛打の盛岡大付が延長10回サヨナラ逆転勝ち

新着記事