3月20日に開催されている第89回選抜高等学校野球大会の「報徳学園 対 多治見」の一戦は、報徳学園が自慢の強打を存分に発揮し大量21得点を奪い多治見に快勝した。

試合は序盤から報徳学園が3番片岡・5番神頭のタイムリーで2点を先制すると、3回には打者一巡の猛攻をみせ大量8得点を奪い10-0と大きくリードする展開になった。
さらに報徳学園は、6回に3番片岡のタイムリー2ベースなどで2点を奪うと、7回には2番永山のタイムリーなどで4点を奪った。
9回にも打者9人5安打で5得点を追加し9回で21安打21得点と圧倒的な力を示し勝利した。

なんとか反撃に出たかった多治見は、報徳学園投手陣を最後まで攻略できず散発の3安打に終わり最後までスコアボードに「1」の数字を刻むことはできなかった。

勝利した報徳学園は、中村と前橋育英の勝者と2回戦で対戦する。

【センバツ高校野球】報徳学園(兵庫)対多治見(岐阜)の試合速報はこちら

こちらの記事に関連するタグ

Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

に関する記事

お勧め記事

新着記事