掲載日: 文章:Clipee運営局

DeNAの三嶋が4回7失点の乱調 ローテ争い脱落か

20日、DeNAは横浜スタジアムでソフトバンクとオープン戦を行い、先発ローテーションを狙う三嶋一輝が先発登板した。

初回、2死一、二塁のピンチを迎えると、明石健志に中越えの適時二塁打を浴びると、続く長谷川勇也には左中間スタンドへの本塁打を許し、いきなり4失点。2回には安打と四球で1死一、二塁とすると今宮に適時二塁打を浴びて2失点。さらに4回には売り出し中の上林誠知に看板直撃の特大弾を浴びてしまう。

この日は4回を投げて8安打2四球7失点と不本意な結果となった三嶋。開幕ローテーションの6枠目をドラフト1位ドラフト1位ルーキーの濵口遥大らと争っているが、一歩後退してしまった。

DeNA・ラミレス監督が先発ローテ5人を明かす!

キーワード

新着記事