20日、オリックスはマツダスタジアムで広島とオープン戦を行った。

先発はドラフト1位ドラフト1位ルーキーの山岡泰輔。3回までは一人の走者も許さない完全投球を見せ、6回に石原慶幸に中前打を打たれるまでは無安打だった。

無失点で迎えた8回、エルドレッドを左飛に打ち取ったあと庄司隼人に右翼への二塁打を打たれ、代打の小窪哲也に適時打を打たれたところで降板したが、7.1回を4安打1四球2失点とルーキーとは思えない素晴らしい投球だった。

これで2戦続けて好投した山岡は開幕ローテーションにグッと近づいた。

試合は終盤に広島に追いつかれ、そのまま引き分けに終わった。

こちらの記事に関連するタグ

Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

パ・リーグに関する記事

お勧め記事

新着記事