広島の加藤が5回2失点!山岡とのドラ1対決はほぼ互角

  • 掲載日:
  • 文章:Clipee運営局

20日、広島はマツダスタジアムでオリックスとオープン戦を行い、ドラフト1位ルーキーの加藤拓也が先発した。オリックスの先発は同じくドラフト1位ルーキーので、地元広島出身の山岡泰輔で、オープン戦でのドラ1対決が実現。

加藤は初回、吉田正尚、西野真弘を連続で空振り三振に切って無失点でスタートすると、2回も無失点。迎えた3回、安打と四球、犠打で1死二、三塁とすると小谷野栄一に中堅への適時三塁打を浴びて2失点してしまう。しかし、4回、5回と持ち直して無失点とし、この日を登板を終えた。

5回2失点と合格とも言える成績だが、加藤は「2アウトからランナーを出してしまった。安定したフォームで投げることができなかった」と制球に苦しんだことを反省した。

自身の課題もしっかりと把握しているルーキーが、広島連覇のキーマンとなりそうだ。

こちらの記事に関連するタグ

Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

セ・リーグに関する記事

お勧め記事

新着記事