3月21日(日本時間)にアメリカのドジャースタジアムで開催される第4回ワールドベースボールクラシックの準決勝「オランダ対プエルトリコ」の一戦。
勝てば決勝進出の一発勝負である注目の試合はオランダバレンティンの豪快な1発で始まった。

試合は、シモンズが内野安打・ボガーツが死球で出塁し無死一二塁のチャンスを作り、3番プロファーがライト前ヒットを放つなどのオランダが攻めるも、プエルトリコの捕手モリーナの堅守によりオランダは無得点で二死三塁になるなど、プエルトリコのペースになるかと思われた。

しかし続く4番のバレンティンがレフトスタンドへ運ぶ豪快な2ランホームランを放ち、オランダが2点を先制した。

【WBC】オランダ代表対プエルトリコ代表の試合速報はこちら

こちらの記事に関連するタグ

Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

に関する記事

お勧め記事

新着記事