掲載日: 文章:Clipee運営局

【春季大会】鳴門渦潮が池田に競り勝ち初戦突破!

第89回選抜高校野球大会(センバツ)で熱戦が繰り広げられているなか、各県では春季大会も行われている。

20日に行われた徳島県大会では古豪池田と鳴門渦潮が対戦。第2シードの鳴門渦潮は池田に3-2と競り勝ち1回戦を突破した。

昨夏の甲子園は県大会決勝で鳴門に敗れ惜しくも甲子園に手が届かなかった鳴門渦潮。秋季徳島県大会も決勝で生光学園に6-8と逆転負け。徳島2位で四国大会へと駒を進めた。四国大会では初戦の英明(香川)に終始ペースを握られ一度もリードを奪うことがないまま3-7で敗戦。春の選抜出場を果たすことはできなかった。

春季大会は甲子園の選考とは関係ないが、夏のシード権に向けても重要な位置づけとなる。校名が変わってから出場のない甲子園に向けて一歩目を踏み出した。

【センバツ】福岡大大濠にとっては吉兆の雨?

こちらの記事も読まれています

新着記事