掲載日: 文章:Clipee運営局

【WBC 速報】侍ジャパンのビデオ判定は実らず

3月22日(日本時間)にアメリカのドジャースタジアムで開催される第4回ワールドベースボールクラシック準決勝の日本代表対アメリカ代表の一戦。

この試合、侍ジャパン先発の菅野智之・アメリアのロアークの好投により両チーム無得点で進む展開の中、昨日の準決勝でも行われたビデオ判定が度々行われている。

ビデオ判定は2回のアメリカの攻撃の際、ホスマーがボテボテのサードゴロを放ち、松田宣浩が軽快にさばき、一塁に送球。このアウトの判定にアメリカベンチはビデオ判定を要求。検証の末結果、判定どおりアウトとなった。

さらに3回日本の攻撃の際に、一死から小林誠司がレフトへのヒットで出塁し、続く山田哲人がショートゴロを放ち、この打球をアメリカのショート、クロフォードがファンブルし慌てて2塁に送球。きわどい判定はアウトだが、この判定に小久保監督が足が離れていると抗議しビデオ判定へ。
この判定も覆ることがなく、判定はアウトのままだった。

【WBC】侍ジャパン 対 アメリカ代表の試合速報はこちら

【WBC 速報】中田が執念のキャッチ!菅野は2回を完璧なスタート

キーワード

こちらの記事も読まれています

新着記事