掲載日: 文章:Clipee運営局

【WBC 侍ジャパン】菊池、松田痛恨のミス…責められない名手の守備

日本時間22日に行われた第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)準決勝のアメリカ戦で善戦したが1-2で惜しくも敗戦した日本代表。

失点はいずれもミスによるものだった。

4回表、アメリカの三番・イエリチの二ゴロを名手の菊池涼介がまさかのエラー。六番・マカチャンの左前打で生還を許してしまった。
8回表1死二、三塁の場面、A.ジョーンズの三ゴロを本塁送球を焦った松田宣浩がファンブル。打者走者はアウトにしたものの、三塁走者のクロフォードを還してしまい、これが決勝点となった。

これだけ見れば二人のミスは大きかったのかもしれない。しかし、菊池はその後の打席で本塁打を放ち、松田も三遊間への強烈な当たりを好捕する場面もあった。これまでの試合でも二人のチームへの貢献度は計り知れない。

残念ながら日本は敗れてしまったが、二人なしに日本の準決勝進出はなかったと言っても過言ではないだろう。二人には胸を張って日本に帰ってきてもらいたい。

【WBC 侍ジャパン】敗れたものの健闘した日本投手陣!メジャー移籍にも期待

キーワード

こちらの記事も読まれています

新着記事