掲載日: 文章:Clipee運営局

【WBC】決勝戦はアメリカvsプエルトリコ!モリーナの頭脳にアメリカ打線が挑む

3月23日(日本時間)に第4回ワールドベースボールクラシック(WBC)の決勝戦「プエルトリコ対アメリカ」の一戦が行われる。それぞれ準決勝では、プエルトリコがオランダを破り、アメリカが日本を破っている。この両チームは2次リーグ(プールF)でも対戦しており、前回はは6-5でプエルトリコが勝利している。

強打の2チームの最注目はプエルトリコのモリーナ

世紀の一戦となる決勝戦の見どころは、プエルトリコの頭脳モリーナVS強力アメリカ打線というところだろう。

モリーナはこれまで熟練のキャッチング技術で、際どいコースの判定を自軍に有利な判定に導いてきた。また、準決勝のオランダ戦では初回に相手走者の隙を逃さず2死を奪うなど、頭脳的なプレイでチームを引っ張ってきた。

これに対してアメリカはどれだけ惑わされずに戦えるかが勝負の分かれ目となる。2年連続ナ・リーグ二冠王のアレナドや、「飛ばし屋」スタントンが本来の調子を取り戻し、打線が爆発することができるか。野手陣の奮起が必須だろう。

優勝するのは野球の母国アメリカか、2大会連続決勝進出のプエルトリコか。勝負の行方に注目だ。

【WBC 速報】プエルトリコが延長タイブレークでオランダを撃破! プエルトリコは2大会連続決勝進出

キーワード

こちらの記事も読まれています

新着記事