掲載日: 文章:Clipee運営局

西武・田代が3安打猛打賞!先輩・秋山いない間に一軍定着狙う!

3月22日、西武ライオンズは神宮球場でヤクルトスワローズとオープン戦を行い、4-5で敗れた。敗戦の中で、一軍定着を狙う田代将太郎が3安打猛打賞とアピールした。

プロ通算3安打も今春は活躍

一番中堅でスタメン出場した田代は、初回先頭の第1打席、ヤクルト先発の山中浩史の投球をとらえると、左翼への安打となった。2回2死二、三塁で迎えた第2打席では右翼への同点適時二塁打を放って2打点。これで勢いに乗った田代は9回の第5打席でも遊撃への内野安打で3安打。

これまでプロ通算で3安打だが、今春は大学の先輩でもある秋山翔吾がいない間、外野の一角を争っている。

試合は終盤に逆転されて敗れたが、敗戦の中でも5年目の若獅子が気を吐いた。侍ジャパンの大先輩が戻ってきても退くつもりはない。レギュラー争いをするつもりだ。

西武の多和田が5.2回を2失点 被安打10も粘投

キーワード

関連ニュース / コラム

こちらの記事も読まれています

新着記事