掲載日: 文章:Clipee運営局

ヤクルト・山中が先発も5回4失点とピリッとせず「3度も先頭打者を…」

3月22日、ヤクルトスワローズは神宮球場で西武ライオンズとオープン戦を行い、5-4で勝利した。先発ローテーション入りが期待される山中浩史が先発したが、5回で8安打4失点とピリッとせず、開幕に不安を残した。

山中は5回で3度先頭の出塁を許す苦しい登板に

山中は3点リードで迎えた2回、自身の失策などで1死一二塁のピンチを迎えると、中田翔多に右翼への適時二塁打を浴びると、田代将太郎、斉藤彰吾にも右翼への適時二塁打を打たれてこの回だけで4安打4失点。他の回は無失点だっただけに悔やまれるイニングとなった。

山中は「5回で3度も先頭打者を出してしまったことが課題」と話し、次回登板までに修正してくることに期待したい。

ヤクルト投手陣は開幕投手の石川雅規が決定しておりそれ以降に小川泰弘、オーレンドルフ、ブキャナンと続いており例年になくローテーション争いが激しい。神宮のサブマリンがローテーションを死守できるか注目が集まる。

ヤクルト・石川雅規が7回無失点!5年ぶり開幕投手へ

キーワード

こちらの記事も読まれています

新着記事