掲載日: 文章:Clipee運営局

【オープン戦】広島の床田寛樹が先発も5回5失点…開幕ローテに不安

3月22日、各地でオープン戦が開催される中、大阪の京セラドーム大阪では広島カープとオリックスバファローズの試合が開催された。
試合は、広島のルーキー床田の乱調などもあり、オリックスが広島を5-4で下した。

5回10安打1本塁打5失点….床田寛樹の開幕ローテは?

広島の先発は中部学院大からドラフト3位で入団したルーキーの床田寛樹。初回は安打こそ打たれながらも無失点に抑えたが、2回以降は毎回失点してしまった。2回1死からT-岡田に左翼へ二塁打を打たれると、死球の後、若月健矢と宮崎祐樹に適時打を許し2失点。3回、4回にも1点を失うと、5回には中島宏之に左翼席への本塁打を浴びて計5失点。

床田は「低めに投げようとしたけど、ストライクを取れていた球も高かった」と反省しきりだった。新人ながらこれまで好投し、開幕ローテーションも期待されるだけに、ここからの修正に期待したい。

広島の加藤が5回2失点!山岡とのドラ1対決はほぼ互角

キーワード

こちらの記事も読まれています

新着記事