掲載日: 文章:Clipee運営局

【オープン戦】ソフトバンクの中田賢一が7回2失点で開幕ローテーションへ猛アピール!

3月22日、ソフトバンクホークスはヤフオクドームで阪神タイガースとオープン戦を行い、3-2と競り勝った。この試合、ソフトバンクの熾烈な開幕ローテンションを争う、ベテランの中田賢一が7回2失点と好投を見せた。

中田「7回まで投げ切れたのは収穫」

7回までで7安打2四死球と走者は出しながらも、粘りのピッチングだった。
3回以外は走者を背負ったが、ベテランらしく要所を締めた。「前回の投球よりは精度、キレは良かった」と話し、納得の出来だったようだ。

2014年にソフトバンクに移籍してきて今年で4年目になるが、ここ2年は思うような結果が残せていない中田。
12球団一とも言える層の厚さを誇る投手陣はの中で先発ローテーションを争うが、今日の投球で大きく前進した。

ソフトバンク・上林がハトサブレ弾!打線が繋がり8得点

キーワード

こちらの記事も読まれています

新着記事