掲載日: 文章:Clipee運営局

【WBC決勝 速報】偉業達成か? 決勝の舞台でアメリカ先発のストローマンがノーヒットピッチング

3月23日(日本時間)にドジャースタジアムで開催される第4回ワールドベースボールクラシック決勝戦「プエルトリコ対アメリカ」の試合。
3回と5回に2点ずつをアメリカが奪いリードする展開の中、アメリカ先発のストローマンが脅威のピッチングを続けている。

大舞台で超強力打線相手にノーヒットピッチングを貫くストローマン

試合は5回に2点の追加点を奪ったアメリカがリードする展開の中、アメリカ先発のストローマンが強力打線であるプエルトリコ相手に6回までノーヒットピッチングを続けている。
プエルトリコ打線は言わずと知れた打線であり、メジャーのスター選手がずらりと並ぶ世界一と言っても過言ではないメンバーで構成されている。
その打線相手にトロント・ブルージェイズ所属のストローマンは6回を68球、無安打3奪三振と神がかったピッチングを継続中。
決して大柄とは言えない体で低めに丁寧なピッチングを続け、内野ゴロの山を築き続けている。

残す回は3回となっており、ストローマンのノーヒットピッチングはどこまで続くのだろうか。

【WBC】プエルトリコ代表 対 アメリカ代表の試合速報はこちら

【WBC決勝 速報】アメリカがプエルトリコを引き離す! イエリチ・マカチャンのタイムリーで2点を追加

キーワード

こちらの記事も読まれています

新着記事