掲載日: 文章:Clipee運営局

【WBC決勝 速報】アメリカが悲願の初優勝!大量8得点に投手陣がプエルトリコを完封

3月23日(日本時間)にドジャースタジアムで開催される第4回ワールドベースボールクラシック決勝戦「プエルトリコ対アメリカ」の試合。
圧倒的な結果を残し全勝で決勝に進出したプエルトリコと、2次ラウンドで1度プエルトリコに惜敗しているアメリカの決勝となったこの試合、攻守に渡りアメリカが主導権を握り、悲願の初優勝を果たした。

アメリカは先発ストローマンの好投に13安打と打線が爆発

世界中が注目する世界一を決めるプエルトリコとアメリカの決勝戦は3回、キンズラーの先制となる2ランホームランでアメリカが先制した。
さらにアメリカは、5回にイエリチとマカチャンがタイムリーヒットを放ち2点を追加し4−0とした。

反撃に出たいプエルトリコだが、アメリカ先発のストローマンを攻略することができず、6回までにノーヒットと今大会一と言われる攻撃力は影を潜めた。
7回に先頭のA・パガンが今日初のヒットを放ち、ストローマンをマウンドから引きづり下ろすも、点を奪えずこの回も無得点に終わった。

8回にはアメリカは二死からマカチャンのタイムリーでさらに1点を追加したアメリカは、9回ロバートソンが登板しきっちりと抑え嬉しい初優勝となった。

プエルトリコは2大会連続決勝で涙を呑むかたちとなった。

【WBC】プエルトリコ代表 対 アメリカ代表の試合速報はこちら

【WBC決勝 速報】アメリカが満塁のチャンスを活かし3点を追加!初Vへ大きく前進

キーワード

新着記事