掲載日: 文章:Clipee運営局

WBC 観客動員は史上最多で大盛り上がり!決勝は過去2番目の5万人超えを記録

日本時間3月23日、アメリカの初優勝で幕を閉じた第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)。日本代表戦は1次ラウンドから多くの観客が東京ドームに詰めかけ連日、満員の観衆の中試合が行われた。この盛り上がりは日本だけでなく全会場で起こっていたようだ。

史上初の100万人超え

WBC主催者は観客動員、視聴率、関連グッズ売上が過去最高となったことを発表した。特に、観客動員は108万6720人と初めて100万人を上回った。決勝のプエルトリコvs.アメリカは地元アメリカが出場ということもあり5万1565人を動員。これは、過去3回を含めてWBC史上2番目となる記録だった。

東京ドームでの2次リーグE組は20万9072人を集め組別で最多の動員。大会開幕前は盛り上がりに欠ける大会のため今大会で打ち切りという報道も駆け巡ったが観客動員も過去最高と動員面では大成功に終わったようだ。

運営麺に関しての課題はあるが次回大会に向けての改善を期待したい。

【WBC】プエルトリコの精神的支柱・ヤディアー・モリーナ

キーワード

こちらの記事も読まれています

新着記事