掲載日: 文章:Clipee運営局

阪神・メッセンジャーは開幕へ向け7回無失点

3月24日、阪神タイガースは京セラドーム大阪でオリックス・バファローズとオープン戦を行った。試合は先発のランディ・メッセンジャーが7回無失点の好投、後を任されたリリーフ陣もオリックス打線を無失点に抑え2-0で完封勝ち。

メッセンジャーは開幕投手へ不安なし

1週間後の開幕投手が内定しているメッセンジャーは2回までパーフェクトピッチング。3回先頭の小島脩平に安打を許し犠打で送られ得点圏に走者を背負うが駿太、安達了一を打ち取り無失点。5回以降は1人も走者を出さない圧巻の投球を見せ、7回を投げ被安打2、奪三振5、無四球(88球)で開幕前最後の登板を終えマウンドを後にした。

3年連続4度目となる開幕投手へ向け何の不安もない。来日8年目となる阪神のエースは今年もやってくれそうだ。

【オープン戦】阪神・高山俊がOP戦4号本塁打!今年は長打力に磨き!

キーワード

新着記事