掲載日: 文章:Clipee運営局

最速146キロ左腕のドラフト候補生!平元銀次郎【Players report】

多くのプロ野球選手を輩出し広島、全国の高校野球を引っ張る広陵高校からまたドラフト候補生が誕生した。1年時から注目されていた177センチ左腕の平元銀次郎だ。

氏名:平元銀次郎(ひらもとぎんじろう)
守備:投手
投打:左投左打
所属:広陵高校
出身:西日本スコーピオン(フレッシュリーグ)

フレッシュリーグの西日本スコーピオンズから広島の名門広陵高校に進学した平元。この経歴は近畿大学を経由して阪神タイガーズ入りした俊介(藤川俊介)と同じになる。広陵に進学後は1年時からベンチ入りを果たし、早くから有望株として目をかけられていた。1年夏の広島県予選では中継ぎとして5試合に登板し好投を見せている。

2年生になった昨年夏の甲子園予選では先発、中継ぎで起用されたが準決勝で如水館に0-10と大敗し甲子園出場はならなかった。新チームからエースとなった平元だが、秋季大会では選抜に出場した市呉に準々決勝で延長戦の末に敗れている。

最速146キロでキレのあるストレートが武器の左腕で変化球も縦のスライダー、カーブを操り三振を量産する。名門広陵高校を率いる中井哲之監督が絶賛する才能の持ち主。3年春まで甲子園出場はない平元。最後の夏に全国の舞台で投げることを期待したい。

キーワード

こちらの記事も読まれています

新着記事