掲載日: 文章:Clipee運営局

【センバツ】白熱の投手戦を盛岡大付が制し智弁学園は連覇ならず! 盛岡大付の三浦は智弁相手に4安打1失点

3月25日、阪神甲子園球場で開催されている第89回選抜高校野球大会の二回戦「智弁学園対盛岡大付」の一戦は、序盤は白熱の投手戦となり、試合終盤に盛岡大付が5点を奪い昨年の王者智弁学園に勝利した。

福元・太田などの強打者も手玉に…盛岡大付の三浦が好投

智弁学園は松本、盛岡大付は三浦が先発したこの試合は、息をのむ投手戦となった。
松本・三浦両投手は5回までヒット1本ずつに抑え、両チーム無得点で進んだ、6回の盛岡大付の攻撃でようやく試合は動いた。
盛岡大付は6回裏、二死から2番林が2ベースで出塁すると、続く3番大里がタイムリー2ベースを放ち均衡を破る1点を奪った。
6回の1点で攻撃に火が付いた盛岡大付は、7回に智弁の松本を攻め2番林のタイムリーなどで3点を奪い4-0とリードを広げた。

センバツ連覇に後がない智弁学園は最終回の攻撃でようやくつながった。
9回先頭の福元がヒットで出塁すると、続く加堂が四球・西岡が内野安打と続き無死満塁と、この日最大のチャンスを作った。
このチャンスに、4番太田を迎えるが太田は三振に倒れ、代打高塚の内野ゴロの間に1点を返すも反撃はここまで。

8回にも1点を加えた盛岡大付が、5-1で昨年の王者智弁学園を下し、初のセンバツベスト8に進出した。

【センバツ高校野球】智弁学園(奈良)対盛岡大付(岩手)の試合速報はこちら

【センバツ】履正社が呉を完封で撃破 履正社竹田は9回完封で呉打線の前に立ちはだかる

こちらの記事も読まれています

新着記事