掲載日: 文章:Clipee運営局

広島・岡田が6回無失点!強力ソフトバンク打線ねじ伏せた!

3月25日、広島東洋カープはヤフオクドームで福岡ソフトバンクホークスとオープン戦を行った。広島の先発は開幕ローテーション入りを有力視されている岡田明丈が、開幕前最後の登板となったこの試合は6回無失点と好投を見せた。

WBC組が戻った強力打線相手に6回4安打無失点

初回、いきなりピンチを招き四球と死球で1死一、二塁の場面ではWBC日本代表でも活躍した内川聖一を打席に迎えたが、見逃し三振に仕留めた。さらにキューバ代表の主砲デスパイネを遊ゴロに仕留めて無失点。4回には2死一塁で松田宣浩と対峙したが、ここも空振り三振に斬って無失点。結局、岡田は6回まで投げて無失点のままマウンドを降り後続にマウンドを託した。

岡田は「ストレートをしっかりとインコースに投げ切れたのが良かった」と納得の表情。開幕カードの阪神戦での登板が濃厚だが、虎狩りの準備は万端のようだ。

【オープン戦】広島・九里亜蓮が6回無失点!開幕ローテ確実に!

キーワード

新着記事