掲載日: 文章:Clipee運営局

代打・吉見一起にナゴヤドームがどよめく!中日森監督「実戦感覚を取り戻すため」

3月25日、中日ドラゴンズはナゴヤドームで東北楽天ゴールデンイーグルスとオープン戦を行った。この試合、先発は開幕投手が決定している大野雄大は3回1失点、被安打2、奪三振4の内容。開幕戦前最後の登板をまずまずの内容で締めた。

「代打吉見」はキッチリと犠打

この試合で、一番のどよめきが起こったのは3-3の同点で迎えた7回裏1死一塁の場面だ。9番に入っていた指名打者の石岡諒太に代わり代打吉見一起がコールされたのだ。その瞬間、スタンドからもどよめきが起こり騒然となった。打席に入った吉見はカウント3-1からの5球目にきっちりと犠打を決め一塁走者を二塁に進めることに成功し、その後の追加点に繋がった。森繁和監督によると「投手が打席に入ることが少ないため、バントの感覚など実戦感覚を取り戻すため」とのこと。監督の思いに吉見はきっちりと応えたようだ。

【オープン戦】中日ドラ1・京田が猛打賞 開幕一軍へ大きく前進!

新着記事