掲載日: 文章:Clipee運営局

巨人・内海哲也が6回無失点の好投!侍・小林誠司も途中出場

3月25日、読売ジャイアンツ(巨人)は東京ドームで千葉ロッテマリーンズとオープン戦を行い2-0で勝利した。侍ジャパンメンバーの小林誠司は途中出場したものの、坂本勇人は出場していない。

ベテラン・内海が貫禄の投球

この日、巨人の先発マウンドに上がったのはベテランの内海だった。前回登板では同じくロッテ戦に登板し5回5失点、被安打9と打ち込まれ不安が残ったが、この日は軽快な投球をみせた。初回こそ安打、四球で無死一、二塁のピンチを招くが後続を二者連続三振などで打ち取り事なきを得る。以降はピンチらしいピンチはなく、6回を投げ終え無失点、被安打2、奪三振5、与四球2(72球)の内容で開幕前最後となる実戦登板を終えた。エースの座は菅野智之に譲ったが、不甲斐ない投球はできない。そんな気迫のこもった投球で開幕ローテーションを無事、手中に収めている。

巨人の岡本和真が開幕一軍濃厚に 高橋監督は「長打力が一番の魅力」

新着記事