掲載日: 文章:Clipee運営局

特大本塁打にレーザービーム!ヨエニス・セスペデス【海の向こうの凄いやつ】

かつてキューバ代表として日本代表とも対戦経験があるニューヨーク・メッツのヨエニス・セスペデス。現在はMLBで活躍するスーパープレイヤーとなった。

名前:ヨエニス・セスペデス(Yoenis Cespedes)
国籍:キューバ
生年月日:1985年10月18日
守備:外野手
投打:右投右打
所属:アスレチックス→レッドソックス→タイガース→メッツ
年俸:2,250万ドル(2017年)
2016年成績:132試合/打率.280/31本/86打点
通算成績:707試合/打率.272/137本/453打点
※2016年終了時点

2009年に開催された第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)にキューバ代表として出場。打率.458、2本塁打、5打点の活躍で大会ベストナインにも選出されたセスペデス。2次ラウンド初戦で対戦した際には1番中堅で出場しマルチ安打を放っている。

2011年に亡命し2012年MLBのオークランド・アスレチックスと4年契約。キューバ人の最高額となる総額3,600万ドルの大型契約となった。初年度からセスペデスは新人王投票で2位に入る活躍を見せチームに貢献。その後、ボストン・レッドソックス、デトロイト・タイガースへと移籍。2015年にニューヨーク・メッツへ移籍するとチームのリーグ制覇に貢献。しかし、ワールドシリーズでは打率.150(20打数3安打)と絶不調。チャンピオンリング獲得には至らなかった。

打撃だけでなく肩にも自身があり、左翼から見せる強肩は見るものを魅了し2014年の16補殺はリーグ1位。

2016年オフにメッツと4年1億1,000万ドルの契約を締結。2017年以降もメッツの主砲としての活躍が期待される。

こちらの記事も読まれています

新着記事