掲載日: 文章:Clipee運営局

DeNA・今永昇太が5回1失点 本拠地開幕戦に向け準備万端

3月26日、横浜DeNAベイスターズはメットライフドームで埼玉西武ライオンズとオープン戦を行った。DeNAの先発は4月4日の本拠地開幕戦での先発が予定されている今永昇太が、開幕前最後の一軍登板で5回1失点と上々の調整を見せた。

今永昇太 新人だった昨年から2年続けての本拠地開幕戦先発

元々はイースタンリーグの東京ヤクルトスワローズとの試合(戸田球場)に登板予定だったが、この日先発予定だった新外国人投手のウィーランドが腰の張りのため登板を回避し、急遽西武戦での先発に変更になった。

しかしそんな事情も感じさせない投球で3回には味方の失策から無死満塁のピンチを迎えたが、そこから空振り三振、三邪飛、左飛に抑えて無失点。4回に木村文紀に左翼本塁打を浴びるも、失点はこの一発だけとし6回を投げて被安打3で1失点と、順調な調整を見せた。

2年続けての本拠地開幕戦での登板が決定しているが、地元のファンの前で快投を見せることを期待したい。

DeNA・クラインが4回途中5失点の乱調 開幕ローテ白紙か?

キーワード

新着記事