掲載日: 文章:Clipee運営局

日本ハム・中田が合流いきなりタイムリー!WBCの悔しさはシーズンで晴らす!

3月26日、北海道日本ハムファイターズは札幌ドームで東京ヤクルトスワローズとオープン戦を行い、1-1の引き分けだった。侍ジャパンの一員としてWBCに出場していた中田翔が合流し、さっそくの適時打を放つなど、疲れを見せなかった。

WBCでは筒香嘉智と並ぶ3本塁打

中田はチームに合流し、さっそく四番一塁でスタメン出場すると1点ビハインドの初回、いきなり見せ場がやってきた。死球で出た西川遥輝が盗塁でチャンスを広げ、近藤健介が四球で一、二塁とすると大谷翔平は遊飛に打ち取られるが、ここで中田が四番の仕事を果たしてくれた。ヤクルト先発のオーレンドルフのスライダーをすくい上げて中前へ適時打を放ち昨年の打点王の貫録を見せつけた。

試合は両チームともこのあと無得点で、1-1のまま引き分けに終わった。

日本ハム・西川遥輝が猛打賞で復調気配!

キーワード

こちらの記事も読まれています

新着記事