掲載日: 文章:Clipee運営局

【センバツ】雨の中の激闘も決着つかず 健大高崎対福井工大福井の試合も引き分け再試合に

3月26日に阪神甲子園球場で開催された第89回選抜高校野球大会の2回戦「健大高崎対福井工大福井」の一戦は、両チーム持ち前の打線を発揮し7点ずつを奪い合い延長戦に突入も、15回までに決着がつかず引き分けとなった。
稀にみる2試合連続の延長再試合となり、本日引き分けとなった試合は明後日に試合が再度行われることとなった。

健大高崎は土壇場の9回に「機動破壊」を実行するも…

健大高崎は伊藤、福井工大福井は摺石の両先発で始まった試合は、1・2回と静かな立ち上がりとなり試合が動いたのは3回だった。
健大高崎は3回、ヒットで死球で二死一二塁のチャンスで、小野寺・安里・山下とタイムリーを続け一挙4点を奪った。

追いつきたい福井工大福井は5回、二死からヒットと四球で満塁のチャンスを作ると、島谷がタイムリー3ベースを放ち3点を返した。
1点差された健大高崎は5回表に、渡口のタイムリーで1点を奪いリードを2点開くも、6回に福井工大福井の井上開に逆転となるタイムリーを放たれ試合をひっくり返された。
リードを奪われた健大高崎は7回に山下の犠牲フライで1点を奪い同点に戻すも、9回に福井工大福井は山岸のタイムリー2ベースで1点を加え再びリードを奪った。
1点差で最終回を迎えた健大高崎は、小野寺・安里が出塁し二死二、三塁の一打サヨナラの場面で、福井工大福井の摺石がセカンドへの牽制をおこなった際に、三塁ランナーの小野寺が一気にホームを陥れ同点とした。このシーンはまさに「機動破壊」を実現した場面であった。

試合は7-7で延長戦に突入し、両チーム何度かチャンスを作るも得点を奪うことはできず、延長15回で決着がつくことはなかった。

この試合も引き分け再試合となり、福岡大大濠と滋賀学園戦に続き、2試合連続の稀に見る延長再試合となった。

【センバツ高校野球】健大高崎(群馬)対福井工大福井(福井)の試合速報はこちら

【センバツ】壮絶な投手戦となった福岡大大濠対滋賀学園戦は延長15回で決着つかず!明日再試合へ

こちらの記事も読まれています

新着記事