掲載日: 文章:Clipee運営局

オリックス・西勇輝が7回2失点と好投 無四球投球で開幕の準備万端

3月26日、オリックスバファローズは京セラドーム大阪で阪神タイガースとオープン戦を行い、4-2で快勝した。オリックスの先発である開幕ローテーション入りが有力の西勇輝は7回を投げて2失点とさすがの安定感を見せた。

この日の西は、7回5安打無四球と要所を締める投球

3回までは八番打者の梅野隆太郎の二塁打のみに抑え、無失点投球だった。4回に糸井嘉男、福留孝介に連打を浴び、原口文仁に犠飛を打たれて1失点。6回には昨年まで同僚だった糸井嘉男に右翼への適時打を打たれて2点目を失うが、福留を抑えて大崩れはしない。

この日は7回を投げて5安打無四球と抜群の安定感を見せ2点は失ったものの、要所を締めて試合を作った。エースの金子千尋とともにチームを支える右腕は、開幕へ向けて不安はなさそうだ。

オリックス・ドラ2黒木優太は開幕セットアッパー起用へ!

キーワード

こちらの記事も読まれています

新着記事