掲載日: 文章:Clipee運営局

【センバツ】作新学院は連続優勝ならず 秀岳館が僅差で夏の王者作新学院を下しベスト8に進出

3月27日に阪神甲子園球場で開催された第89回選抜高校野球大会の2回戦「秀岳館対作新学院」の一戦は、1点を争う好ゲームとなり、秀岳館が昨夏の王者の作新学院を3-2で下した。

秀岳館が粘る作新学院に勝利

秀岳館は田浦、作新学院は大関の両先発で始まった試合は、1回に作新学院が一死から2番添田が2ベースで出塁すると、秀岳館の守備の乱れの間に1点を先制した。
追いつきたい秀岳館は4回裏、先頭の2番渡辺が2ベースで出塁すると、二死三塁から5番山下・6番田浦が連続タイムリーを放ち2手を奪い逆転した。
さらに秀岳館は5回裏、2本のヒットで一死一三塁のチャンスに2番渡辺の内野ゴロの間に1点を追加し3-1とリードを広げた。

作新学院は8回、秀岳館の2番手川端を攻め2つの四球で二死一二塁のチャンスを作り、3番池沢がレフトへのタイムリーを放ち1点差に追いついた。さらに9回には、先頭の8番石戸が2ベースで出塁し二死満塁のチャンスをつくるも最後は3番池沢がセンターフライに打ち取られ、秀岳館が作新学院を下しベスト8に進出した。

【センバツ】注目の清宮!今大会屈指のサイドスロー安田をどう攻略!? 東海大福岡 対 早稲田実業

こちらの記事も読まれています

新着記事