掲載日: 文章:Clipee運営局

機動破壊の体現者!攻撃的二番の小野寺大輝【Players report】

健大高崎の攻撃的に二番打者として輝く小野寺大輝。秋の公式戦8試合では2番打者ながら犠打は0と常に積極的な攻撃を心がけている。

氏名:小野寺大輝(おのでらだいき)
守備:外野手
投打:右投左打
所属:健大高崎高校
出身:東京城南ボーイズ

木村文紀(西武)、江柄子裕樹(強靭)らを輩出している東京の名門東京城南ボーイズ出身の小野寺は全国出場経験も経験し健大高崎に進学。2年秋以降は主に2番中堅で出場し選抜前の練習試合含む65試合で打率..443、3本塁打、37打点、65盗塁をマークするなど「機動破壊」に欠かせないピースとなっている。

骨折のため今選抜では、スタメン出場を果たせていない1番遊撃で主将の湯浅大と小野寺が塁に出て安里樹羅が返すというのが定番パターンだ。小野寺は50メートル5秒9の俊足を選抜の舞台でも発揮した。2回戦の福井工大福井戦の9回裏2死からみせた重盗だ。2死二、三塁の場面で投手が二塁牽制をした瞬間に三塁走者だった小野寺はスタートし一気に本塁を陥れた。青柳博文監督は試合後に「サインだった」と語り小野寺の足に対する信頼を窺わせてくれた。

健大高崎のお家芸である「機動破壊」を継承する小野寺に今後も注目したい。

こちらの記事も読まれています

新着記事