掲載日: 文章:Clipee運営局

【センバツ】大阪桐蔭が静岡相手に6点差を逆転されるも再逆転で激戦を制す!

3月27日に阪神甲子園球場で開催されている第89回選抜高校野球大会の二回戦「静岡対大阪桐蔭」の試合は、初回から両チームとも6点を取り合う激しい点の取り合いとなった。その後、静岡がリードを奪うが終盤に大阪桐蔭が逆転、ダメ押しと得点を重ね静岡を振り切り準々決勝への進出を果たした。

初回6点先制から追いつかれるも…

大阪桐蔭は初回に静岡の先発、池谷蒼大を攻め立て4安打で6点を先取し試合の主導権を握ったかに見えた。しかし、大阪桐蔭の先発である横川凱がピリッとせず無死満塁から4番の成瀬和人に適時二塁打を浴び3失点。その後、一死を奪ったものの追加点を取られ二番手の香川麗爾にスイッチするが、流れを止められず6点を奪われ試合は振り出しに。

2回、7回に静岡は1点ずつを重ね8-6とリードを奪ったまま試合は終盤8回へ。この回、大阪桐蔭は先頭の根尾昂が左前打を放ち出塁すると連打を重ね3点を奪うことに成功し9-8と逆転。9回にも山本ダンテ武蔵の適時二塁打などで2点を入れた大阪桐蔭が静岡に11-8で勝利し準々決勝へと駒を進めることに成功した。大会第10日目の第4試合で大阪桐蔭は早稲田実業を下した東海大福岡と対戦する。

【センバツ】東海大福岡が早稲田実業相手に大金星! 東海大福岡は安田が粘りの投球で早実斬り

新着記事