掲載日: 文章:Clipee運営局

【センバツ】「機動破壊☓強打」vs.「3人の左腕」 健大高崎 対 秀岳館

3月29日に阪神甲子園球場で開催されている第89回選抜高等学校野球大会の第十日目第三試合は「健大高崎 対 秀岳館」の対決となった。

機動破壊か継投策か

9回裏2死二、三塁の状況から「機動破壊」による重盗を成功させ同点に追いつき再試合へと持ち込んだ健大高崎。再試合では打順を組み換えそれまで3番に入っていた安里樹羅を1番に据え、山下航汰、渡口大成、高山遼太郎の打順を繰り上げた。この打順変更が功を奏し初回から連打で4点を奪うと、4回には山下に今大会2本目となる満塁本塁打も飛び出した。機動破壊に強打が加わった健大高崎が秀岳館の投手陣に襲いかかる。

就任から「3年で日本一」を掲げていた鍛治舎巧監督率いる秀岳館。昨年は4投手の継投策を用い甲子園に挑んだが春夏共にベスト4と優勝へ手が届かなかった。今年も田浦文丸、川端健斗、西村思努と左腕3人を使い準々決勝まで勝ち上がっている。2回戦の作新学院戦でもギリギリのところで川端が踏ん張り勝ち上がってきた。屈指の好左腕が「機動破壊」を封じ込める。

【センバツ高校野球】健大高崎(群馬)対秀岳館(熊本)の試合速報はこちら

【センバツ】履正社打線爆発!安田のタイムリーなどで8点を奪い盛岡大付を下しベスト4進出...竹田が92球2安打1失点で完投

こちらの記事も読まれています

新着記事