掲載日: 文章:Clipee運営局

決め球のフォークで三振を量産!西垣雅矢【Players report】

永田裕治監督の勇退、そして小園海斗、神頭勇介ら下級生打者に注目が集まる報徳学園。しかし、今年のチームはエースである西垣雅矢もプロ注目の右腕だ。

氏名:西垣雅矢(にしがきまさや)
守備:投手
投打:右投左打
所属:報徳学園高校
出身:梁瀬中学(軟式)

関西出身にしては珍しいボーイズリーグ、シニアリーグ出身ではなく中学の軟式野球武出身の西垣。2年時からベンチ入りを果たし秋の新チーム結成後からエースナンバーを背負う。秋の公式戦では全11試合に先発登板し73.1回を投げ奪三振42、与四死球16、防御率1.72と安定。エースに恥じない投球でチームを引っ張ってきた。近畿大会2回戦では滋賀学園の棚原孝太と投げ合いを演じ0-1と惜敗。試合に敗れたものの8回を102球、与四球2と安定していた。

183センチ、70キロと体格もよくプロ注目の右腕で最速140キロを超えるストレート、スライダー、フォークを軸に投球を組み立てるが、ストレートの球速は常時130キロ台前半。フォークは決め球としても使え春のセンバツ2回戦の前橋育英戦でも10個の三振の内、5個をフォークで奪っている。

夏の甲子園次第では今秋のドラフトで注目を集める存在となるかもしれない。

こちらの記事も読まれています

新着記事