掲載日: 文章:Clipee運営局

【センバツ】報徳学園が福岡大大濠に打ち勝ちベスト4へ進出 福岡大大濠の三浦は登板を回避

3月29日に阪神甲子園球場で開催された第89回選抜高校野球大会準々決勝の第二試合「福岡大大濠対報徳学園」の試合は、

報徳学園が12安打8得点で福岡大大濠に打ち勝つ

この試合福岡大大濠の先発はエース三浦ではなく公式戦初先発となる徳原、報徳学園が西垣の両先発で開始した。
試合は報徳学園が初回、四球2つで作ったチャンスに4番篠原がライトへのタイムリー2ベースを放ち1点を先制した。
さらに報徳学園は3回、1番小園・2番永山とヒットを続けると、3番片岡・4番篠原・6番池上と3本のタイムリーを続け3点を追加し4-0とリードを広げた。

4回まで報徳学園の西垣に1安打のみに抑えられた福岡大大濠は5回、先頭の8番樺嶋がヒットで出塁し二死二塁の状況を作ると、1番久保田の内野ゴロを報徳学園の小園がファンブルする間に1点を返した。
さらに6・7回にヒット3本ずつを集中させ1点ずつを奪い追い上げをみせも、効果的に追加点を加える報徳学園に追いつく事ができず、8-3で報徳学園が勝利した。

【センバツ高校野球】報徳学園(兵庫)対福岡大大濠(福岡)の試合速報はこちら

【センバツ】「機動破壊☓強打」vs.「3人の左腕」 健大高崎 対 秀岳館

こちらの記事も読まれています

新着記事