掲載日: 文章:Clipee運営局

いよいよ開幕の2017年シーズン! パ・リーグで開幕一軍の切符を掴んだ新人は8名

3月29日、15時に開幕戦(3月31日)に出場が可能な出場選手登録が12球団分一斉に発表された。期待の新人、新外国人など各球団フレッシュな顔ぶれに注目が集まるが、まずはパ・リーグ6球団の登録選手を見ていこう。

昨シーズン日本一となった北海道日本ハムファイターズは、インディアンスから日本に戻ってきた村田透、トレードで新加入の公文克彦らが一軍入り。新人ではドラフト2位の石井一成が唯一の開幕一軍切符を掴んでいる。注目の大谷翔平は一軍登録されており、指名打者としての出場が予想される。また、昨シーズンわずか5試合の登板で防御率14.54と振るわなかった武田久も一軍入り、今シーズンは中継ぎで巻き返しを図る。

福岡ソフトバンクホークスは、高卒新人が多いこともあり開幕一軍切符を掴んだルーキーは不在。千葉ロッテマリーンズから移籍のデスパイネ、ブレイク候補に挙げられる笠原大芽、石川柊太、上林誠知らが一軍メンバー入りを果たしている。千賀滉大、武田翔太、バンデンハークといった第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)組は全員、登録から外れており2カード目からの登板となりそうだ。

3年連続のAクラスを狙う千葉ロッテマリーンズは、ドラフト5位ルーキーの有吉優樹が唯一の開幕一軍。また、ダフィー、パラデスの両新外国人は順当に一軍入り。また、注目の平沢大河も初めて開幕一軍入りを果たしており開幕スタメン遊撃手の期待もかかる。

キーワード

こちらの記事も読まれています

新着記事