掲載日: 文章:Clipee運営局

昨季優勝の広島は!? セ・リーグで開幕一軍の切符を掴んだ新人は7名

3月29日、15時に開幕戦(3月31日)に出場が可能な出場選手登録が12球団分一斉に発表された。セ・リーグ6球団の顔ぶれを見ると7名の新人が名を連ねた。各球団、新人選手を中心に一軍登録選手を見ていきたい。

広島東洋カープはセ・リーグで唯一、新人選手の開幕一軍入りが不在となった。新外国人のブレイシアは一軍登録され中継ぎとして起用されることになりそうだ。しかし、2カード目でヘーゲンズが先発登板を果たすことになれば外国人枠の関係で登録抹消となることが濃厚。外国人枠の起用に注目が集まる。

読売ジャイアンツ(巨人)は谷岡竜平、池田駿の即戦力中継ぎ候補が開幕一軍切符を手に入れた。ドラフト1位ルーキーの吉川尚輝は自主トレでのコンディション不良が響き開幕一軍はならず。しかし、二軍で実戦に出場しており早期の一軍昇格を目指す。FAで加入した3選手では森福允彦のみが開幕一軍となり陽岱鋼、山口俊は二軍スタート。マギー、カミネロの両新外国人、トレードで加入した石川慎吾も一軍入りを果たしている。

横浜DeNAベイスターズは進藤拓也、佐野恵太といったドラフト8位、9位の両名が開幕一軍を手にした。また、新外国人ではクライン、パットン、シリアコの3名が一軍入り。ウィーランドは開幕一軍を外れたが2カード目の先発の可能性もありそうだ。

キーワード

こちらの記事も読まれています

新着記事