掲載日: 文章:Clipee運営局

【センバツ】秀岳館の大会屈指の左腕2枚に大阪桐蔭の2年生軍団が襲いかかる! 秀岳館 対 大阪桐蔭

3月30日に阪神甲子園球場で開催されている第89回選抜高等学校野球大会の第十一日目第二試合は「秀岳館 対 大阪桐蔭」の対決となった。

休養十分の田浦vs.絶好調山田

秀岳館は準々決勝で延長引き分け再試合を勝ち上がってきた健大高崎と対戦し9−2で快勝した。この試合、先発の川端健斗が8安打を浴びたもが、13個の三振を奪う快投で健大高崎打線を2点に抑え込んだ。川端が完投したことで2枚看板の田浦文丸は休養十分。強打の大阪桐蔭相手にどのような継投策を用いるか鍛治舎巧監督の起用法に注目したい。

大阪桐蔭は初戦の宇部鴻城戦、2回戦の静岡戦では強力打線が11点を奪い勝利。しかし、準々決勝の東海大福岡戦では軟投派の安田大将から大量得点を奪うことはできなかった。しかし、その中でも山田健太は4打数2安打1打点と打撃好調。秀岳館が誇る左腕エースたちに絶好調の山田を始め藤原恭大、根尾昂といった注目の2年生軍団が襲いかかる。

【センバツ高校野球】大阪桐蔭(大阪)対秀岳館(熊本)の試合速報はこちら

春のセンバツから4番へ昇格!中島淳【Players report】

新着記事