掲載日: 文章:Clipee運営局

マリナーズ・岩隈が1.2回2失点の乱調!開幕へ向けて不安が残る投球

日本時間3月30日、シアトル・マリナーズの岩隈久志がロサンゼルス・ドジャースとのオープン戦に登板した。この試合が開幕前最後のオープン戦登板となる見込みだ。

岩隈久志は2回途中4四球で降板

岩隈は初回から安打、四球、四球で2死満塁のピンチを招くとホルトに適時打を浴び1点を失ってしまう。続く2回も岩隈は四球2つでピンチを作ってしまう。2死まで踏ん張ったもののグランダルに適時打を浴びこの回も失点。結局、2回を投げ終えることができずに降板した岩隈は1.2回を投げ2失点(自責2)、被安打3、与四球4と制球が今ひとつ。開幕に向けて不安が残る内容となった。

一方ドジャースの先発は球界を代表するクレイトン・カーショーだったが、こちらも3回2失点(自責2)の内容だった。

マリナーズ・岩隈が先発登板!5.2回1失点4K

新着記事