掲載日: 文章:Clipee運営局

【センバツ】決勝戦は史上初の大阪勢対決へ! 大阪桐蔭が秀岳館を1点差で下し決勝へ進出

3月30日に阪神甲子園球場で開催された第89回選抜高校野球大会の準決勝第二試合「秀岳館対大阪桐蔭」の試合は、

大阪桐蔭の徳山は2試合連続完投! 秀岳館は3度目の正直ならず

秀岳館は田浦、大阪桐蔭が徳山の両先発で始まった試合、両投手が好投し両チーム無得点のまま中盤に突入した。
試合が動いたのは6回の大阪桐蔭の攻撃、先頭の2番宮崎が2ベースヒットを放ちチャンスを作ると二死三塁で5番山田が先制タイムリーを放ち1点を奪った。
さらに大阪桐蔭は8回、5番山田がこの日2打点目となるタイムリーを放ち1点を追加し2点差とした。

反撃劇に出たい秀岳館はその裏、この日ここまで2安打の1番半情が3本目となるヒットで出塁すると、二死三塁のチャンスで3番木本がレフト前へタイムリーを放ち1点を返した。
しかし秀岳館の反撃はここまで、9回を三者凡退に抑えられ、大阪桐蔭が決勝へ駒を進めた。

明日開催されるセンバツの決勝は史上初の大阪勢同士の履正社対大阪桐蔭というカードに決定した。

【センバツ高校野球】大阪桐蔭(大阪)対秀岳館(熊本)の試合速報はこちら

【センバツ】履正社が報徳学園に勝利し3年ぶりの決勝へ!安田に待望の一発も!

新着記事