掲載日: 文章:Clipee運営局

2人の左腕エースを好リードする強打の捕手!幸地竜弥【Players report】

甲子園3季連続ベスト4と決勝まであと一歩の秀岳館。ソフトバンク入りした九鬼隆平の後を受け継ぎ今年のチームを捕手として引っ張っているのが幸地竜弥だ。

氏名:幸地竜弥(こうちたつや)
守備:捕手
投打:右投右打
所属:秀岳館高校
出身:玉城中学(軟式)

沖縄県の玉城中から秀岳館へ進学。昨春夏の甲子園にはベンチ入り出来ずにスタンド応援となっていたが新チームからレギュラーを掴むと秋季大会では9試合に出場し打率.414、1本塁打、9打点と下位打線に座ることが多いながらも結果を残してきた。

春のセンバツでは初戦となった高田商業戦で本塁打を含むマルチ安打を放つなど準決勝までの4試合で打率.286(14打数4安打)、1本塁打、4打点の成績を残している。打順は7番、8番だっとことを考えると十分な成績といえるだろう。それ以上に、幸地は捕手として投手をうまく引っ張った。2回戦の作新学院戦では途中交代しているものの4試合全てで2失点以下に抑え川端健斗、田浦文丸の両左腕を好リード。

1学年先輩である九鬼のような打撃、統率力はまだないかもしれない。しかし、夏の甲子園ではスケールアップして戻ってきてくれるはずだ。

新着記事