掲載日: 文章:Clipee運営局

ロッキーズの主砲はシーズン中のトレードも?カルロス・ゴンザレス【海の向こうの凄いやつ】

ベネズエラ代表として第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)にも出場したコロラド・ロッキーズの主砲カルロス・ゴンザレス。移籍科残留で注目を集める存在でもある。

名前:カルロス・ゴンザレス(Carlos Gonzalez)
国籍:ベネズエラ
生年月日:1985年10月17日
守備:外野手
投打:左投左打
所属:ダイヤモンドバックス→アスレチックス→ロッキーズ
年俸:2,000万ドル(2017年)
2016年成績:150試合/打率.298/25本/100打点
通算成績:1064試合/打率.291/201本/654打点
※2016年終了時点

2002年にダイヤモンドバックスと契約しトレードで移籍したアスレチックスで2008年にメジャーデビュー。翌2009年にロッキーズに移籍し2010年に才能が開花。打率.336、34本塁打、117打点で首位打者を獲得しシルバースラッガー賞も受賞。以降、ロッキーズの中心選手として昨シーズンまでに201本塁打(ロッキーズで197本)を放っている主砲だ。故障の多かった選手ではあるがここ2年は150試合以上に出場し結果を残している。今シーズンオフにFAとなることからシーズン中のトレードも噂されている。

ゴンザレスと言えばスイング後のフォロースルーが美しいことでも有名だ。本塁打を放った後の動きは動画にもまとめられるほど。本塁打を放った後の動きにも注目だ。

新着記事