掲載日: 文章:東川 亮

最高の環境で日々野球に打ち込み、結果を残す!八千代中央リトルシニア(前編)

2006年に千葉県で創設された、八千代中央リトルシニア。創立から10年ほどと、チームとしては新興の部類に入りますが、これまでには県内の強豪を退けて全国大会に4度も出場、2013年には全国優勝を果たすなど、数々の実績を残してきているチームです。2016年のドラフトでは、坂倉将吾選手(日大三高)が広島東洋カープから4位指名を受け、OB初のプロ野球選手も誕生しました。

練習場は、千葉県印西市にあるグラウンド。以前は場所を転々としていた時期もあったそうですが、恩田美代子オーナーのご厚意によって、現在は両翼95m程のメイングラウンドにサブグラウンド、ブルペン、アナウンス室なども併設された、すばらしい環境が用意されています。2018年には、室内練習場を新設する計画もあるのだとか。

2017年には、30人以上の新1年生が入団。兄弟で入団する選手も多いというのは、実績や環境、指導力を含め、このチームが魅力的であることの証と言えるでしょう。2017年春の、関東大会への出場も決定。上昇気流に乗り、今後のさらなる飛躍が期待されるチームを取材してきました。

八千代中央リトルシニアについて

チーム名 八千代中央リトルシニア
メンバー構成 全71人 3年生25人:2年生14人:1年生32人
練習時間 活動日:土日祝日
練習場所 千葉県印西市武西字千駄苅676-1
学校HP http://www.netto.jp/yachiyochuou//

関連写真(画像をクリックすると拡大写真が表示されます。)

最高の環境で日々野球に打ち込み、結果を残す!八千代中央リトルシニア(前編)
最高の環境で日々野球に打ち込み、結果を残す!八千代中央リトルシニア(前編)
最高の環境で日々野球に打ち込み、結果を残す!八千代中央リトルシニア(前編)
最高の環境で日々野球に打ち込み、結果を残す!八千代中央リトルシニア(前編)
最高の環境で日々野球に打ち込み、結果を残す!八千代中央リトルシニア(前編)
最高の環境で日々野球に打ち込み、結果を残す!八千代中央リトルシニア(前編)
最高の環境で日々野球に打ち込み、結果を残す!八千代中央リトルシニア(前編)
最高の環境で日々野球に打ち込み、結果を残す!八千代中央リトルシニア(前編)
最高の環境で日々野球に打ち込み、結果を残す!八千代中央リトルシニア(前編)
最高の環境で日々野球に打ち込み、結果を残す!八千代中央リトルシニア(前編)
最高の環境で日々野球に打ち込み、結果を残す!八千代中央リトルシニア(前編)
最高の環境で日々野球に打ち込み、結果を残す!八千代中央リトルシニア(前編)
最高の環境で日々野球に打ち込み、結果を残す!八千代中央リトルシニア(前編)
最高の環境で日々野球に打ち込み、結果を残す!八千代中央リトルシニア(前編)
最高の環境で日々野球に打ち込み、結果を残す!八千代中央リトルシニア(前編)
最高の環境で日々野球に打ち込み、結果を残す!八千代中央リトルシニア(前編)
最高の環境で日々野球に打ち込み、結果を残す!八千代中央リトルシニア(前編)
最高の環境で日々野球に打ち込み、結果を残す!八千代中央リトルシニア(前編)
最高の環境で日々野球に打ち込み、結果を残す!八千代中央リトルシニア(前編)

こちらの記事も読まれています

新着記事