掲載日: 文章:Clipee運営局

ヤクルト・山田哲人はマルチ安打でシーズン開幕! 3年連続トリプルスリーへ

3月31日、神宮球場で行われた東京ヤクルトスワローズvs横浜DeNAベイスターズの一戦は雨の中で行われたが、山田哲人(ヤクルト)のバットには影響がなかったようだ。

山田哲人の開幕戦は、2安打1打点にあわやの大飛球も!

山田は1回裏の今シーズン初打席、DeNA先発の石田健大が投じた初球を積極的にスイング。その打球はぐんぐん伸び神宮球場右中間最深部まで伸びる大きな当たりだった。惜しくも右翼の梶谷隆幸に捕球され、すでに走り出していた一塁走者の坂口智隆が帰塁できずダブルプレーとなったが逆方向への大きな当たりに球場はどよめいた。

その後、2打席凡退で迎えた7回の第4打席は左翼への2塁打を放ち今シーズン初安打。その後、中村悠平の適時打で今シーズン初得点も記録した。続く8回の第5打席でも無死一、二塁のチャンスで2打席連続となる左翼への二塁打を放ち打点もマーク。今シーズン初戦を5打数2安打1打点と快調な滑り出しとなった。3年連続トリプルスリーへ向けて視界良好といったところだろう。

【プロ野球】山田哲人がタイムリー2ベース放ち、ヤクルト7点目を奪う!

キーワード

関連ニュース / コラム

こちらの記事も読まれています

新着記事