掲載日: 文章:Clipee運営局

花巻東のOB対決!菊池雄星vs大谷翔平の対決は2安打で大谷に軍配

3月31日、札幌ドームで行われた北海道日本ハムファイターズ対埼玉西武ライオンズの開幕戦は8-1で西武が快勝。しかし、日本ハムの大谷翔平は花巻東高校の先輩である菊池雄星から意地の2安打を放った。

4年ぶりの対戦は2安打1三振

大谷は打者として菊池と対戦したのは2013年以来4年ぶり。初回1死一塁で迎えた4年ぶりの対戦は菊池に0-2と追い込まれた後、ファールで2球粘ったものの決め球のスライダーで空振り三振。3回一死1塁の場面で回ってきた第2打席では右翼へ二塁打を放ち雪辱を果たしたが、一塁走者の西川遥輝が本塁クロスプレーでタッチアウトとなり得点には結びつかなかった。
6回の第3打席ではカウント1-1からの3球目を右翼へ弾き返し2安打目。この回も得点には結びつかなかったが先輩の菊池から2安打を放つなど打撃面では好調ぶりをアピールした。
8回に訪れた第4打席は代わった武隈祥太に空振り三振に仕留められた。結局、この日の大谷は4打数2安打とマルチ安打を達成し今シーズンの更なる活躍に期待がかかる。

「おらが町のチーム」地域密着に成功した日本ハムの2軍運営 - 2016年観客動員から考えるNPBファーム:8

キーワード

新着記事