掲載日: 文章:Clipee運営局

【中日】バルデスが6.1回1失点 自ら本塁打も7四死球でリズム作れず

4月1日、中日ドラゴンズは東京ドームで読売ジャイアンツと2回戦を行った。中日の先発は来日3年目のバルデス。3回の第1打席では自ら先制の本塁打を放ち、6.1回を1失点も守護神・田島慎二がリードを守れず今季初勝利はお預けとなった。

バルデス…打つ方では2安打と活躍も7四死球でリズム作れず

3回、1死走者なしで迎えた「今季初打席」、巨人先発の田口麗斗のスライダーをとらえると打球は右翼席に飛び込む今季1号本塁打となった。7回にも二塁内野安打を放つなど2安打し、打撃面では十分すぎる活躍を見せた。

しかし、本業では苦しいピッチングだった。3回までは四球を出しながらもノーヒットピッチングを続け巨人打線を抑え込んだ。しかし7回、それまではなんとか無失点で切り抜けていたが1死満塁の場面で降板。後を受けた又吉が阿部慎之助に押し出し四球を与えて1失点。この日は6.1回を投げて4安打3奪三振7四死球1失点だった。

試合は9回裏に守護神の田島が阿部にサヨナラ3ランを浴びて痛い逆転負けを喫した。

阿部が逆転サヨナラ3ランホームラン! 巨人が最終回に劇的なサヨナラ勝ちで中日を下し2連勝

キーワード

新着記事